「余所(ヨソ)事でない」ブログ日記

「人間万事塞翁が馬」は本当?

台風20号・21号接近下の、とある地方における「秋空の一風景」

今週のお題「秋の空気」

お題「最近気になったニュース」

 

 今日は晴れ後曇り。

 過ごしやすい日中と異なり、朝晩の底冷え等は「秋の空気」の変化を如実に物語っているようか。しかも、晴れたり、曇ったりと一時も定まらない空模様が続いている。

https://tenki.jp/suppl/m_yoshino/2018/09/15/28431.htm

 

 最近は、台風の来襲が日本列島を脅かし、19号による被害に至っては、現在もなおその爪痕が災害の深刻さを増している。判明した死者の数は、現時点で84人。その上さらに最悪なのは、住宅被害が5万6763棟と、昨年7月の西日本豪雨による5万1110棟の被災を上回ったとのことである。いずれも、今後増加する見込みである。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191015/k10012131581000.html

住宅被害5万6000棟 西日本豪雨超える 台風19号 さらに増加か - 毎日新聞

 

 そんな状況下、またもや、台風20号・21号が日本列島に相次いで接近している。

強い台風20号・台風21号 ともに北上へ 日本に影響も - ウェザーニュース

 現在、台風20号は温帯低気圧に変わっている。北上中の台風21号は、その進路予測として上陸の恐れはないようである。

 しかし、いずれも、大雨への警戒が必要との話である。

元台風20号 近畿~関東 非常に激しい雨や猛烈な雨(日直予報士 2019年10月21日) - 日本気象協会 tenki.jp

台風21号 上陸回避も警鐘を鳴らす台風の眼(日直予報士 2019年10月22日) - 日本気象協会 tenki.jp

台風21号 明日24日(木)小笠原諸島は暴風雨警戒 25日(金)頃は西・東日本で強雨注意(ウェザーニュース) - Yahoo!ニュース

 

 今後共、地球温暖化により台風は強力化し、ますますこの傾向が増加することは間違いなさそうである。日本各地どこも、台風来襲被害から逃れる場所はないようである。ただ、減災あるのみか!とりわけ、河川堤防の決壊による被害だけは避けたいものである。このことは、我が住まう地にも、そのまま当てはまる問題なので、気にかかる。

 何度も、くどくどと記事にして来たが、これは、「余所事ではない」のだ!

強力化する台風 列島上陸リスク増大|日本列島 どこで何が起きるのか|災害列島 命を守る情報サイト|NHK NEWS WEB

 

 そのような中において、先だっての記事に続き、最近の、とある地方における「秋空の一風景」(四景)を、以下で紹介する。

 

❶ 早起きして、昨日(火曜日) 午前6時頃、夜明け頃の空を見上げると、頭上に「半月」が出ていた(後掲の写真2枚)。当初、前方の空を眺めると、空は白々しく、やがて青くなっていっただけで、月は見えなかった。

 そしてその後、ふと頭上を見上げると、何と「半月」が出ていたではないか!そこで、しゃがむ格好で月を撮影した。撮影した写真をみると、その背景となる青空は映っていない。真っ黒である。その当時は、空は青かったんだが・・・?

 なお、月自体も黄色に見えたのに、白く写っているのは、青空の背景が関係しているのだろうか?

 それにしても、月のクレーターが明瞭に映っている。これほどのものとは思わなかった。これを見て、月の表面が、ゴツゴツしているのが改めて分かった次第である。

 というのも、これまで「満月」ばかりに気を取られて撮影を試みていたため、その凹凸さがあまり目立たなかったからである。

 

f:id:grk1:20191023123606j:plain

f:id:grk1:20191023123801j:plain

 

❷ 昨日(火曜日)夜間、ジェット旅客機3機の撮影を試みたが、コンデジ望遠ズームカメラでは、困難であった。特別仕様のカメラ等性能の良いのでないと、目で見たのと同じような被写体を捉えることができないようか。

 10枚くらい撮影したが、その内、次の1枚の写真だけが、まあまあな状態で被写体を捉えていた。それでも、かすかに肉眼で見えた機体の様子は全く映っていない。そればかりか、照明部分もぼやけている。コンデジ望遠ズームカメラでは、これが限界なのであろうか?

f:id:grk1:20191023130840j:plain

 そこで、10月11日付けの夜間に撮影した写真1枚(編集分)で確認すると、その機体の輪郭は、おぼろげであるが、次のように見えていた。 

f:id:grk1:20191024200207j:plain

 

❸ 今日(水曜日)早朝、小型?ジェット機(航空会社名は不詳)が、飛行機雲寒冷で多湿の大気中を飛行する飛行機の航跡に発生する細長い雲/大辞林第三版)を発生させながら、前方頭上はるか空高く、高速度で飛行していた。とても、従来見てきた「ジャンボ・ジェット機」とは、比べものにならないほどであった。

 被写体の位置が遠方で、高速飛行しており、かつ小型?であったことから、望遠ズームカメラの焦点が合わせにくく、被写体捕捉は困難そのものであった。

 それでも、3機ぐらい飛んでいた中で、何とか1機が捕捉できた。

 それが、次の写真(3枚)である。

f:id:grk1:20191023132139j:plain

f:id:grk1:20191023132302j:plain

f:id:grk1:20191023132324j:plain

 

❹ 一昨日(月曜日)飛行していたジェット旅客機(シンガポールの地域航空会社「シルクエアー)について、これまでは、ジェット機尾翼のロゴ・マークは確認できたものの、機体の文字は不明確であった。そんな中、今回初めて、機体のアルファベット文字「SILK AIR」が明瞭に確認された(後掲の写真3枚) 。

 晴れの日であると、日光に邪魔されて、文字はなかなか確認できにくかったものの、曇りの日の撮影が幸いしたのであろうか?

f:id:grk1:20191023134809j:plain

f:id:grk1:20191023134933j:plain

f:id:grk1:20191023135013j:plain

 

 シンガポールと言えば、相続税負担がなく、所得税も安いこと等で、知る人ぞ知る大金持ちにとって、有難い移住国であるらしい。そのため、世界各国の富裕層が移住したり、また、大企業も本社機能を移転したりして、富裕層の移住には、大変人気があるようである。

 そのこともあって、世界で2番目に億万長者が在住している国と言われている。

富裕層はシンガポールを目指す?石を投げればお金持ちに当たる国

億万長者を惹きつける国・シンガポール税金の仕組みを解説 | せかいじゅうライフ-海外移住をもっと身近に世界で暮らす情報メディア-

シンガポールに移住した海外の著名人 | シンガポールで本気でビジネス

 

 当然日本人の移住者も急増している。2015年時点で3万6963人と、過去5年間で約1.5倍になったとのことである。

 富裕層の移住例として、「リクシル」の会長、「ドンキ」の会長、「HOYA」のCEO

シンガポール移住が有名である。

富裕層のリアル将来設計。シンガポール長期滞在者は何人?移住の壁は? | ZUU online

「日本嫌い」リクシル会長 富豪経営者がシンガポールを選ぶのは「会社のため」なのか | 文春オンライン

 また、ダイソン等大企業の本社機能移転も行われている。その理由は法人税率が低い等からである。

ダイソン、本社機能をシンガポールに移転、電気自動車のリーダーに元インフィニティ社長のローランド クルーガー氏 - 家電 Watch

「脱日本」 社長も本社も海外へ | 就活ニュースペーパーby朝日新聞 - 就職サイト あさがくナビ

「日本嫌い」リクシル会長 富豪経営者がシンガポールを選ぶのは「会社のため」なのか | 文春オンライン


 以上の事情を考えると、日本の地方都市においてまで、シンガポール航空会社所属ジェット旅客機(シンガポール航空シルクエアー)の離着陸が多いということが、ある程度頷けようか?

 それだけ、アジア屈指の国際都市とも言われている「シンガポール」の存在は大きいということである。また、「シンガポール共和国」という高度に都市化された国(事実上一つの都市から構成。それ故、「シンガポール市」という首都は存在しない。)でもある。所謂「都市国家」なのである。