「余所(ヨソ)事でない」ブログ日記

「人間万事塞翁が馬」は本当?

モズ(百舌鳥)を追い求めて(4)~「モズの食事風景(電線)」

お題「わたしの癒やし」

 

 今日は晴れ。

 

 今朝、北東方向にある電線に2羽のモズが止まっているのを目撃した。いずれも、オスであった。しかも、比較的近くのところに、である。「モズ」は高鳴きをしていたのに、双方喧嘩している様子が窺えなかった。

 すると、本格的な縄張り争いは、まだ始まっていないのであろうか?

 まぁ~、今時分は「モズ」の餌が豊富であるからなのか?それでも、一体どうなっているのだろう?

 

 その内の1羽の「モズ」は、次の写真(2枚)のとおりである。

f:id:grk1:20201006162150j:plain
f:id:grk1:20201006162354j:plain

 そして、もう1羽の「モズ」は、次の写真(2枚)のとおりである。

f:id:grk1:20201006162754j:plain
f:id:grk1:20201006162819j:plain

 両者は違う個体のモズなのに、上掲写真を比べて見ても、個体差を識別するのは、困難極まりない。個体の識別が比較的容易なのは、オスかメスかである。

 この最近(10月1日から)、朝方には、必ず「モズ」の行方を見るようにしている。それも、追っ掛け「バードウオッチャー」としてでなく、「田んぼのバードウォッチャー」としてである。玄関先で空を見上げ、目視でモズを追っかけている。すると、最近は必ずと言ってよい程に、「モズ」の姿が視界に入って来る。これも、慣れかな?

 それゆえ、目で追いかけまわし、カメラで「モズ」を撮りまくっている。

 

 あたかも、以下の曲のフレーズにある、「追っかけするような心情にさえなっているよう。(*‘ω‘ *)

 それは、

 ❶ ポップス・デュオ歌手「ザ・ピーナッツ」歌唱の「恋のフーガ」(作詞/なか

  にし礼、作曲/すぎやまこういち、編曲/宮川泰。1967年発売)

https://www.youtube.com/watch?v=e9qvN5BNDIA

https://www.youtube.com/watch?v=xoFSCg_J70g (英語バージョン)

 の冒頭フレーズ「追いかけて 追いかけて すがりつきたいの (^^♪

 ❷ アイドル女性歌手「早見優」さん歌唱の「あの頃にもう一度」(作詞・作曲/

  松宮恭子、編曲/鷺巣詩郎。1983年発売)

https://www.youtube.com/watch?v=MzTVRAGurBw

https://www.youtube.com/watch?v=lef1XYluGVo

 の冒頭フレーズ「あなた 追いかけて 追いかけて (^^♪ 

である。(-_-;)

 

 前置きは長くなったが、今回は、前回の続きとなる「モズの食事風景」の記事である。「モズ(メス)」が食事場所を電柱から電線に移した後の食事風景である。いずれも、先だっての10月1日に目撃して撮影したものである。

 今回は、写真で自然の摂理としての様子を実感して頂くため、コメントを簡略にしたい。

 なお、以下の写真(15枚)は「閲覧注意」とする。 

 

f:id:grk1:20201006171639j:plain

(電柱での食事を電線での食事に切り替えたのは、何故であろうか?ひょっとしたら、電柱の上で、爬虫類を殺したのかも知れない。そして、死んだのを電線で食べようとした可能性もある。それは、食事の邪魔をされないためであろうか?)

 

f:id:grk1:20201006171752j:plain

f:id:grk1:20201006171922j:plain

f:id:grk1:20201006172028j:plain

f:id:grk1:20201006172211j:plain

f:id:grk1:20201006172249j:plain

f:id:grk1:20201006172330j:plain

(以上の写真から、モズの餌となっているのは、「トカゲ」でなく、「カナヘビ」である。と言うのも、尾長が全長の約2/3くらいであるから。)

 

f:id:grk1:20201006171722j:plain

f:id:grk1:20201006172423j:plain

「モズ」が「カナヘビ」の尻尾を食べたかまでは、確認できなかった。)

 

f:id:grk1:20201006172458j:plain

f:id:grk1:20201006172534j:plain

f:id:grk1:20201006172602j:plain

f:id:grk1:20201006172634j:plain

f:id:grk1:20201006172702j:plain

f:id:grk1:20201006172730j:plain