諦観ブログ日記

ー Que Será, Será(ケセラセラ)ー

想ひ出の名曲を辿るジェットの旅(18)~「愛の花咲くとき」~

お題「最近気になったニュース」

お題「これって私だけ?」

 

 今日は昨日に続き、快晴である。このところ、天候も安定して来たのだろうか。

 

 

はじめに

 

 今回は、まず、「想ひ出の名曲を辿るジェットの旅」に関連するジェット旅客機の最近の様子をみて行き、本「ジェットの旅シリーズ」を始めた切っ掛けとなったラジオ深夜番組『JET STREAM』に言及する。しかる後に、本題目である、カンツオーネの名曲「愛の花咲くとき」の話をしたい。

 

最近のジェット旅客機の様子

 

 最近、上空を飛ぶ「外国のジェット旅客機」をほとんど見ることがなくなった。そればかりか、「日本のジェット旅客機」さえも、新型コロナウイルス感染騒動前のように頻繁に見ることがない。

 ご当地の名称とも言うべき「空の銀座」もかたなしである。

 それにしても、自宅上空を頻繁に飛べば飛んだで、騒々しいし、飛んで来なければ飛んで来ないで、また淋しい。この点について、複雑な気持ちになる。

 

 最新のニュース記事によると、旅客機の国際線運休は言わずもがな、国内線減便もあって、多数の「CA」が一時休業になりそうである。

全日空、客室乗務員約5000人を数日間休ませる方針 減便で大幅な人員余剰(2020年3月19日)|BIGLOBEニュース

日本航空 夏ダイヤも国際線運休や減便継続 | NHKニュース

2月訪日外国人58%減、下落幅は東日本大震災以来…団体旅行禁止の中国人は88%減(2020年3月20日)|BIGLOBEニュース

 

ラジオ深夜番組『JET STREAM』について

 

 そのことは、果たして、本ブログ記事連載の「名曲を辿るジェットの旅シリーズ」に影響が出て来そうか?(*‘ω‘ *) 

 まあ~、そんなことはあり得ない。「CA」については、「エフエム東京」のラジオ深夜番組『JET  STREAM』ジェット・ストリーム)にも、何ら言及されていない。いや、そもそもが、その番組には、「機長」or「フライトアテンダント」だけが登場し、「CA(旧・スチュワーデス)」がいないのである。(*‘ω‘ *)

 本「ジェットの旅シリーズ」は、その番組に触発され、これを少し見倣おうとしているもので、影響があろうはずもない。もし影響があるとするならば、❶「想ひ出の名曲」のネタ切れか、又、❷記事連載意欲の消失か、将又、❸「三途の川」を渡るとき(>_<)ぐらいであろう。(-_-;)

 

 では、本題に入る前に、『JET STREAM』と縁のある、次の「日航」機の写真(2枚)を掲載するこのジェット機を見ていると、これに乗って、いつまでも「想ひ出の名曲を辿るジェットの旅」をし続けたくなるね!(^^♪

f:id:grk1:20200320220208j:plain

f:id:grk1:20200321123450j:plain

(以上、3月1日午後に撮影した「日航機」)

 なお、 『JET STREAM』の経緯等に関しては、次の記事による説明が分かりやすい。

城達也と堀内茂男という二人の男の“美学”が育んだ伝説のFM番組『ジェットストリーム』|Extra便|TAP the POP

 ところで、このラジオ深夜番組一番のお気に入りエンディングテーマ曲は、レイモン・ルフェーブル作曲の「夜間飛行」であった。

https://www.youtube.com/watch?v=mNHVmhbfiPk

 

 

愛の花咲くとき

 

 今回、ジェットの旅で取り上げたい「想ひ出の名曲」は、「愛の花咲くとき」である。

 この曲は、1968年、イタリアで開催されたサンレモ音楽祭で入賞した「QUAND M‘IN NAMORO」である。作詞はダニエル・バーチェ、作曲がリオ・パンゼリ、ロベルト・リヴァーギである。

 この曲に英詞をつけたものを、同年に、イギリス人歌手の「エンゲルベルト・フンパーディンク」が唄ったとのことである。その歌手の名前は、オペラ「ヘンゼルとグレーテル」(グリム童話収録作品)で有名な、ドイツの作曲家「エンゲルベルト・フンパーディンク」から、芸名として付けられたようである。

1968年 『愛の花咲くとき』 エンゲルベルト・フンパーディンク - 港町のカフェテリア 『Sentimiento-Cinema』

https://plaza.rakuten.co.jp/ruzerukabu/diary/201203110001/

 

 ところが、その英詞では、題名が「 Man  Without  Love」となっている。これを直訳すると「愛なき男」となる。この点、何故、「愛なき男」が「愛の花咲くとき」になったのかは、不明である。次の記事にも、その点への疑問が投げかけられている。

 なお、その記事では、「愛をなくした男」として日本語に意訳している。

おっとりな風景~洋楽散歩道 : Engelbert Humperdinck - A Man Without Love 愛の花咲く時

 このあたりの事情については、次の記事が一つの参考となろうか。

愛の花咲くとき: 浮き草の道草

 つまり、イタリア語の原題である「QUAND   M‘IN  NAMORO」は、「わたしが恋するとき」という意味で、それを、「愛の花咲くとき」と日本語の題名に使用したのが、そのまま使用され続けたと言う。

 

 まあ~、そんなことは、これまでにも多くの事例がありそうである。他の国々で唄われるときは、その国にあった訳名がつき、さらには、詞を変えたり等して、ヒットさせたりしているのである。

 日本の場合は、欧米各国と異なり、ストレートな言葉表現や長い曲名を付けない傾向にある。

 今回、とりわけ疑問に思ったのは、❶「A Man Without Love愛なき男)」の直訳の意味が不明であったこと、そして、❷「愛をなくした男」に意訳して初めて意味が通じたこと、しかし、それがなぜ、❸「愛の花咲くとき」というロマンティックな曲名になったのかの3点であった。

 

 次に、この曲の歌唱や編曲による演奏等から受ける感銘度について、雑感を述べてみる。というのも、この曲は、世界の一流有名歌手によって、多くのカバー曲がリリースされているので、その対比に興味深々となったからである。

 

(1) 最初にサンレモ音楽祭で唄った歌手「アンナ・インデンティチ」の曲は、ユーチューブにないので、まず、同じイタリア人でカンツオーネの女王ジリオラ・チンクエッティ」が唄っているものから考えてみる。それは次の曲である。

https://www.youtube.com/watch?v=cMrVp3k20Yk

https://www.youtube.com/watch?v=5UTv99n5KGE(日本語盤)

 この歌手の歌い方を聴くと、淡々と唄っていて、心が安らぐような感じになる。ちょうど「コーヒー・タイム」で聴くには、最適な歌唱であろう。

 感銘はそれほど受けない。この歌い方が常道なのであろうか? 

 

(2) では、この歌の本家本元である「エンゲルベルト・フンパーディンク」の歌唱については、どうだろうか?

 彼の歌唱等について、時代の変遷により歌い方や演奏方法が、多少違っているように思われる。というのも、レコードとライブとでは違うし、また、ライブ同士でも違いがありそうに思われるからである。そのことは、以下の各ユーチューブ曲を聴き比べするならば判ろうか。 

 ❶ まず、1987年にリリースされた、次の「A Man Without Love」を取り上げてみる。

https://www.youtube.com/watch?v=l2QNTqbgbeY&list=PL4Dngd5l5u1wIO1cQ1GFIahkr173JatEj

 これを聴くと、歌声からも判るように、彼の歌の特徴は、声を高々と張り上げるところにある。これは、ライブ向きに最適な歌唱方法であろう。

 ところが、次のユーチューブ曲では、声の張り上げ方が、多少おとなしめになって、抑えているように思われる。好感度の高い歌唱だと考えたい。

https://www.youtube.com/watch?v=5kW5HQXd-7E

 

 ❷ 続いて、これも、同人が唄っている、次のライブ曲を取り上げる。

https://www.youtube.com/watch?v=HsWxYdmuVMI

 このライブを視聴していると、歌手持ち前の高々とした声の張り出し具合と、女性バックコーラースとがやや調和に欠け、とりわけ、女性コーラスのしゃしゃり出る様が、少し気にかかるように思われる。 

 

 最後に、これも、同人が唄っている、次のライブ曲を取り上げる。このライブこそ、これまでで、一番素晴らしい歌い方や演奏方法であろう。

https://www.youtube.com/watch?v=bOfajMfDxKs&list=RDbOfajMfDxKs&start_radio=1

 このライブを視聴した感想を述べると、次の4点が指摘できようか。

 まず、フンパーディンク」の声の張り出し方が抑え気味で、かつ抑揚をつけている。そして、女性バックコーラスの歌声も申し分ない。さらに、ピアニスト等のノリにノッテいる演奏が素晴らしい。また、歌手や演奏者等が観客と一体になった雰囲気が醸し出されている。
 

 以上から、このライブは、名曲「愛の花咲くとき」を唄うのに、最も相応しい醍醐味を如何なく発揮させてくれるもので、感銘も一入である。しかも、そのような気分は、レコード鑑賞では到底味わえない(とりわけ、ピアノ演奏者やバックコーラスのお姉さん方々の醸し出すリズムにノリノリの雰囲気は、この上なく素晴らしく、圧巻でもある。)。(^^♪

 

(3) 日本人歌手が唄って特筆される歌としては、「梓みちよ」さんの歌唱がある。それは、次のユーチュブ曲である。

https://www.youtube.com/watch?v=NDYtOgTgG8Y

 そつのない正統派的な歌い方であろうか?この時代は、牧歌的であったことが歌の雰囲気にも醸し出されているようである。

 

おわりに

 

 今回は、本題に入る前置きとして、新型コロナウイルス感染による、最近における空の航空便の少なさに言及して、当該「旅シリーズ」の端緒となったラジオ深夜番組『JET STREAM』についても触れてみた。飛行便減少による空の現実は、当該「旅シリーズ」に直接の影響がないとはいえ、気にかかるものである。

 

 本記事の題目「愛の花咲くとき」は悲しい話であるが、上記新型コロナウイルス騒動竹縄の現実に直面すると、それらの悲しさとオーバーラップする思いにもなる。(-_-;)

 そんな時は、その曲に似て非なる、1973年に「Shuky et Aviva」(シュキ&アビバ)が唄っていた「愛情の花咲く樹」(作詞/阿久悠、作曲/シュキ・レヴィ)という歌に耳を傾けたくなる。(*‘ω‘ *)

 

 それは、次のユーチューブ曲のとおりである。

https://www.youtube.com/watch?v=lEh_Dyrq1ko

https://www.youtube.com/watch?v=yGh9uUCcOh8

シュキ&アビバ「愛情の花咲く樹」はフランス語版も素敵♡

 楽しくなりそうな曲である。それにしても、このような良い曲があったなんて、今までは、知らなかった。(^^♪

 また、紛らわしいことに、1968年に、歌手「奥村チヨ」さんが唄っていた「愛の花咲く」という曲もあった。「時」と「頃」は間違いやすいようかな!(-_-;)

https://www.youtube.com/watch?v=XCfQl8roABo

 

 最後に、3月3日に飛行していた、次の日航機の写真(2枚)を掲載して、記事を終える。

f:id:grk1:20200321133850j:plain

f:id:grk1:20200321133958j:plain