諦観ブログ日記

ー Que Será, Será(ケセラセラ)ー

セグロセキレイ、なぜ鳴くの?

お題「気分転換」

お題「わたしの癒やし」

 

 謹賀新年 

 今年もお世話になります。

 

 今日は曇りのち晴れ。

 

 今日、「セグロセキレイ」が近くの電線に止まって鳴いていた。

 その様子は次の写真(3枚)のとおりである。

f:id:grk1:20220101175902j:plain

f:id:grk1:20220101175929j:plain

f:id:grk1:20220101175957j:plain

 何故だろう?

 

 今日、上空を飛んでいた「トンビ」を警戒してのことだろうか?

 その様子は次の写真(1枚)のとおりである。

f:id:grk1:20220101180332j:plain

 その時は、確かに、数羽の「ハシボソガラス」が近くの電柱でけたたましく鳴いていた。しかし、「トンビ」が「セグロセキレイ」を襲うというのを聞いたことはない。よって、「セグロセキレイ」が上空を飛ぶ「トンビ」を警戒して、鳴いていたわけでないと思われる。

 

 その後しばらくしてから、「ハイタカ」がテレビアンテナに止まっているのを目撃した。それまでは気付かなかっただけで、「ハイタカ」が田んぼ周辺を闊歩していた可能性もある。

 また、その時、5羽の「カワラヒワ」が一番高い電線に止まって鳴いていたのを目撃した。「ハイタカ」と「カワラヒワ」間の距離は、目測で150m以上もあったが、どうも「カワラヒワ」は「ハイタカ」に気付いていたように思われた。

 

 そうすると、「セグロセキレイ」は猛禽類の「ハイタカ」を警戒して、鳴いていたのだろうか?

 その「ハイタカ」の様子は次の写真(Twitter投稿を含め、10枚)のとおりである。

f:id:grk1:20220101185541j:plain

f:id:grk1:20220101191534j:plain

f:id:grk1:20220101191618j:plain

f:id:grk1:20220101191650j:plain

f:id:grk1:20220101192206j:plain

f:id:grk1:20220101192243j:plain

f:id:grk1:20220101203814j:plain

 

 その可能性も無きにしも非ずであるが、「セグロセキレイ」は普段でもしきりに鳴いているので、今回、「ハイタカ」を警戒して鳴いていたとも言えない。

 つまるところ、その理由は不明か。(=_=)

 

 それにしても、 元旦に「ハイタカ」を目撃したので、今夜から翌朝にかけて「二鷹」の初夢を見ることができるだろうか?

 「オオタカ」でなくても「タカ」には変わりないが。(-_-;)

 

 最後に、恒例のレトロな名曲(歌謡曲)を紹介して、本記事を終える。

 それは、アジアの歌姫「テレサ・テン(Teresa  Teng/鄧麗君)」が歌唱している、次の3曲である。

 ❶ スキャンダル(作詞/荒木とよひさ、作曲/三木たかし、編曲/川口真。1986年)

https://www.youtube.com/watch?v=3gwK6pLhWQc

https://www.youtube.com/watch?v=Oe_0CC3-6sg

 ❷ 黄昏(作詞/荒木とよひさ、作曲・編曲/川口真。1986年)

https://www.youtube.com/watch?v=8BGYw_97Rj8

 ❸ 雨に濡れて(作詞/荒木とよひさ、作曲/三木たかし、編曲/川口真。1985年)

https://www.youtube.com/watch?v=IqqBk0IWcPo

https://www.youtube.com/watch?v=JGvbHjVqPL8