諦観ブログ日記

ー Que Será, Será(ケセラセラ)ー

「四十雀(シジュウカラ)」を追いかけて!

お題「わたしの癒やし」

 

 昨日は曇り一時晴れ、夜から雨。今日は晴れ。

 

 松尾芭蕉の俳句に、「老いの名の ありともしらで 四十雀」がある。その意味は、四十という初老の名が付いていることを全く知らない四十雀たちということか。昔は、「人間50年」と言われた時代ゆえか、40歳は初老と言う世間一般の認識であったのだろうか?

故事百選

 

 現代は70歳は言うまでもなく、80歳でも元気なシニアが多いゆえか、40歳が初老と言うと、目を剝かんばかりに激怒する壮年もいるかも知れない。しかし、そうであっても、40歳を過ぎると身体機能が確実に衰えているのは間違いない。

 

 昔と今との時代感覚のズレがありそう。と言うのも、70歳は「古稀人生七十古来稀なり/杜甫)」として長寿祝されたているのが、現代では通用しなくなっているからである。

 それも、次の記事の人口比(2020年9月20日総務省公表)によると、70歳以上の人口は2791万人、総人口の22.2%となっている。

65歳以上高齢者、2020年は3617万人・総人口の28.7%で、過去最高の更新続く―総務省 | GemMed | データが拓く新時代医療

 つまり、70歳は、古来稀どころの年齢でなくなったのである。

 

 四十雀シジュウカラ)は「夏の季語」と言われているが、それにしても、四十雀が、俳聖松尾芭蕉」から初老に準えられた俳句を詠まれたのには意外であった。まさか、俳聖が駄洒落を言うとは思えないが・・・。

 また、四十雀シジュウカラ)はこれまで夏に目撃をしていない。四十雀がなぜ夏の季語になるのかも解らない。小さな鳥(全長14.5cm)なので、鳴き声でしかその存在を知るすべがない。もしかしたら、夏にも出現しているのかも知れない。

 

 そんなこんだ考えていると、今朝、電柱又は電線から、「ツピー、ツピー」と言う甲高い鳥の鳴き声が何度も聞こえた。セキレイやスズメも「ピー、ピー」と時々鳴くので、当初は気にも留めなかったが、やはり、気になりカメラの望遠レンズを覗き込んだ。すると、紛れもなく「シジュウカラ」であった。どんなに待ちわびたことであろうか。それも、1羽だけだったので、どこか鳴き声に哀愁が漂っているようにも感じられた。

 

 「シジュウカラ」の姿を見たのは、次の9月4日付け記事に書いて以来である。

初秋の小風景(精霊バッタ、百日草、四十雀、ANA機&日航機) - 諦観ブログ日記

 しかも、「シジュウカラ」の写真映りがその時よりも良かった。(^-^)

 

 その様子は、次の写真(Twitter投稿を含め、12枚)のとおりである。

f:id:grk1:20210909174600j:plain

f:id:grk1:20210909174635j:plain

f:id:grk1:20210909175000j:plain
f:id:grk1:20210909175030j:plain

f:id:grk1:20210909175242j:plain

f:id:grk1:20210909175638j:plain
f:id:grk1:20210909175838j:plain

f:id:grk1:20210909181734j:plain

f:id:grk1:20210909175930j:plain

 

 本当に待ちわびていた「シジュウカラ」の出現であった。昨年の秋冬に見られた「モズ」や「ジョウビタキ」のように、追いかけてカメラ撮影をしまくった。思うに、1羽の「ツピー、ツピー」と何度も鳴く様子は、どこか物悲しく哀愁が漂っていた。

 春には番で行動していたのに、1羽だけだと寂しく感じるもの。

 

 そして、以下のレトロな名曲がそんな雰囲気を醸し出しているようか。(^^♪

 ❶「柏原芳恵」歌唱の「待ちくたびれてヨコハマ」(作詞/荒木とよひさ、作曲/三木たかし、編曲/若草恵。1985年)

https://www.youtube.com/watch?v=wNOixsK8Rik

https://www.youtube.com/watch?v=jRMTwBnRLJg

 ❷「マルシア」歌唱の「待ちわびて哀愁」(作詞/たきのえいじ、作曲/猪俣公章、編曲/竜崎孝路。1991年)

https://www.youtube.com/watch?v=EqNy6ixWLwA

 ❸「みずき舞」歌唱の「待ちわびて」(作詞/山本茉莉、作曲/田尾将実、編曲/若草恵。2014年)

https://www.youtube.com/watch?v=qQcPieqKikg

 

 それだけに、1羽の「シジュウカラ」を追っかけたくなるもの。そのことも、次のレトロな名曲が物語っているよう。(*'ω'*) 

 ❹「ザ・ピーナツ」歌唱の「恋のフーガ」(作詞/なかにし糺、作曲/すぎやまこういち、編曲/宮川泰。1967年)

 歌詞1番冒頭の「追いかけて 追いかけて すがりつきたいの

https://www.youtube.com/watch?v=e9qvN5BNDIA

https://www.youtube.com/watch?v=5vRXThOpAqY

 ❺「桜田淳子」歌唱の「追いかけてヨコハマ」(作詞・作曲/中島みゆき、編曲/船山基記。1978年)

https://www.youtube.com/watch?v=5mHTpGgdYL0

https://www.youtube.com/watch?v=lnZx2gfCNEM

歌詞1番中の「追いかけて ヨコハマ  あの人が逃げる

 ❻「早見優」歌唱の「あの頃にもう一度」(作詞・作曲/松宮恭子、編曲/鷺巣詩郎。1983年)

https://www.youtube.com/watch?v=MzTVRAGurBw

歌詞1番冒頭の「あなた追いかけて 追いかけて 土砂降りの中