「余所(ヨソ)事でない」ブログ日記

「人間万事塞翁が馬」は本当?

ヒヨドリ、なぜ鳴くの?

お題「わたしの癒やし」

 

 今日は晴れ時々曇り。

 

 今朝、「ヒヨドリ」が「ヒーヨ、ヒーヨ」としきりに鳴いていた。「モズ」の高鳴きも大分収まったが、それに代わって鳥の鳴き声大会に参戦したのだろうか?(-_-;)

 「モズ」の高鳴きは場所を変えて散発で終わるも、「ヒヨドリ」の鳴き声は同一場所での連発であるため、周辺住民への周知度は際立つ。

 

 「ヒヨドリ」の全長は27.5㎝と、「モズ」の全長が20㎝に比べ、大きな鳥である。カップルで行動することも多く、2羽の「ヒヨドリ」が代わる代わる甲高い声で鳴いているようか。それだけに、騒音問題もあろう。

 鳴く場所は電線が多い。これは「モズ」と一緒である。しかし、「モズ」と同様に、屋根の上で鳴いているのは見られない。その他、「ヒヨドリ」は「モズ」に見られない「テレビアンテ」で鳴くこともある。

 

 それでは、今朝撮影した「ヒヨドリ」が鳴いている様子の写真(4枚)を掲載する。

f:id:grk1:20201012172714j:plain

f:id:grk1:20201012172748j:plain

f:id:grk1:20201012172823j:plain

 ヒヨドリ」は、大きな口をいっぱいに開けて、甲高く鳴いている。

 

 上掲写真を見ると、逆光で撮影されているため、「ヒヨドリ」の姿が判り難い。

 そこで、今朝撮影した「ヒヨドリ」の比較的分かり易い写真(1枚)と、ついでに、これも今朝撮影した「モズ」の地鳴きの写真(1枚)を各掲載する。

f:id:grk1:20201012173458j:plain
f:id:grk1:20201012173531j:plain

 この最近、「モズ」の高鳴きの回数が極端に減ったのは確かである。

 

 それにしても、タイトル名の「ヒヨドリ、なぜ鳴くの?」について、なぜ、朝方、頻繁に甲高い鳴き声をするのだろう?

 それは、「カラスの勝手でしょ」でもないだろう。また、童謡歌「七つの子」とも違う。(-_-;)https://www.youtube.com/watch?v=xCfSGPk6pGY

 

 この点、次の記事によると、鳥が朝鳴く理由として、「夜明けコーラス」現象との指摘がある。

鳥たちが朝早くから鳴き始めるのはなぜ? - ログミーBiz

 

 それにつけ、「ヒヨドリ」が甲高く鳴くのは、なぜだろう?

 「モズ」と違って、縄張りを主張するようでもなさそう。と言うのも、連れ添った何羽かの仲間を見るからである。

 また、繁殖期間(4月下旬から9月)は済んでいるので、オスとメスとの交信ではないだろう。

 

 明確な答えは不明も、他の仲間等に対する、自己の存在をアッピールするためであろうか?しかも、甲高い声は、この鳥が本来持っている地声か?

 この点について、例え「トートロジー同語反復)」に陥っても、なんでだろう芸人テツ&トモ中本哲也石澤智幸さんに、訊ねてみるしかないだろうか?(-_-;)

 そうして「なんでだろう」を再三繰り返しているうちに、ひょっとしたら、その謎が解けるかも知れない?(-_-)

 

 奇しくも、本日、日本歌謡の大作曲家「筒美京平」さんが、7日に亡くなられたとの、次の報道があった。

筒美京平さん死去 「木綿のハンカチーフ」など総売り上げ枚数は7500万枚以上で歴代トップ(スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース

作曲家 筒美京平さん死去 80歳 昭和を代表する歌謡曲を作曲 | おくやみ | NHKニュース

 これは、もしかして、「ヒヨドリ」が、亡き「筒美京平」さんへの哀悼の意を表す鳴き声だったのかも知れないね!(-_-;)そのように思いたいが・・・。

 

 大作曲家「筒美京平」さんの作品は、魅力的なメロディに満ち溢れた曲が多かった。そのため、かって、それらの作品を、「マイソング」として収集しようとしたことがある。

 なお、それら「マイソング」の中に、上記のニュース記事が取り上げている作品はない。

 収集したマイソング中の「筒美京平メロディ」は最高である。ここで、謹んでお悔やみ申し上げ、名曲中の名曲である、次の5作品を紹介したい。

 

❶ 「涙色の恋」(歌唱/奥村チヨ、作詞/橋本淳、編曲/筒美京平。1968年発売)

https://www.youtube.com/watch?v=x_fMdjZV8OI

https://www.youtube.com/watch?v=r3qktZNlQIA

❷ 「初恋のメロディ」(歌唱/小林麻美、作詞/橋本淳、編曲/筒美京平。1972年発売)

https://www.youtube.com/watch?v=w9zfkR16h7E

❸ 「雨だれ」(歌唱/太田裕美、作詞/松本隆、編曲/萩田光雄。1974年発売)

https://www.youtube.com/watch?v=VCXKGsc0Leo

❹ 「よろしく哀愁」(歌唱/吉田拓郎、作詞/安井かずみ、編曲/吉田拓郎。1977年リリース)

https://www.youtube.com/watch?v=OtVyQthCHj8

❺ 「あの場所から」(歌唱/柏原芳恵、作詞/山上路夫、編曲/高田弘。1982年リリース)

https://www.youtube.com/watch?v=SJqzYtdbr0E

https://www.youtube.com/watch?v=96Zw7pBioDQ

https://www.youtube.com/watch?v=E6HG9hsdWGg&list=RDE6HG9hsdWGg&start_radio=1